読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

廃墟 心霊 まとめちゃんねる

ホラー・オカルトまとめ情報サイト♪

【読むと呪われる話】 忌廻し

スポンサーリンク

私が中学生だった頃、

一人の友達を亡くしました。

 

表向きの原因は精神病でしたが、

実際はある奴等に、

憑依されたからです。

 

f:id:tyuun3naoya:20161208090250j:image

 

私にとっては忘れてしまいたい

記憶の一つですが、

先日古い友人と話す機会があり、

あのときのことをまざまざと

思い出してしまいました。

 

ここで文章にすることで、

少し客観的になり恐怖を

忘れられると思いますので、

綴ります。

 

 

私たち

(海藤・設楽・須藤・菊地・私)は、

皆家業を継ぐことになっていて、

高校受験組を横目に

暇を持て余していました。

 

学校も、私たちが

サボったりするのは

受験組の邪魔にならなくていいと

考えていたので、体育祭後は朝、

学校に出て来さえすれば、

後は抜け出しても

滅多に怒られることは

ありませんでした。

 

ある日、友人海藤と設楽が、

近所の屋敷の話を聞いてきました。

 

改築したばかりの家が、

持ち主が首を吊って

自殺して一家は離散、

空き家になってるというのです。

 

サボった後のたまり場の確保に

苦労していた私たちは、

そこなら酒タバコが思う

存分できると考え、翌日

すぐに昼から学校を

抜けて行きました。

 

 

外から様子の

わからないようなとても

立派なお屋敷で、

こんなところに入っていいのか

少しびびりましたが、

海藤と設楽は「大丈夫」を

連発しながら、どんどん

中に入って行きます。

 

既に調べを付けていたのか、

勝手口が空いていました。

 

書斎のような所に入り、

窓から顔を出さないようにして、

こそこそ酒盛りを始めました。

 

でも大声が出せないので

すぐに飽きてきて、5人で

家捜しを始めました。

 

すぐ須藤が「あれ何や」と、

今いる部屋の壁の上の方に

気が付きました。

 

壁の上部に、

学校の音楽室や体育館の

放送室のような、感じの

小さな窓が二つついているのです。

 

「こっちも部屋か」

 

よく見ると壁のこちら側には

ドアがあって、ドアはこちら側からは

本棚で塞がれていました。

 

肩車すると、左上の方の窓は

手で開きました。

 

今思うと、

その窓から若干悪臭が

漂っていることに、

そのとき疑問を持つべきでした。

 

それでも、こっそり酒を飲みたい

という願望には勝てず、

無理矢理窓から部屋に入りました。

 

部屋はカビホコリと

饐えたような臭いが漂っています。

 

雨漏りしているのか、

じめっとしていました。

 

部屋は音楽室と言えるような

ものではありませんでしたが、

壁に手作りで防音材のようなものが

貼ってあり、その上から

壁紙が貼ってあることはわかりました。

 

湿気で壁紙はカピカピに

なっていました。

 

部屋の中はとりたてて

調度品もなく、

質素なつくりでしたが、

小さな机が隅に置かれており、

その上に真っ黒に塗りつぶされた

写真が、大きな枠の写真入れに

入ってました。

 

「なんやこれ、気持ち悪い」と

言って、海藤が写真入れを

手にとって持ち上げた瞬間、

額裏から一枚の紙が落ち、

その中から束になった

髪の毛がバサバサ出てきました。

 

紙は御札でした。

みんなヤバと思って

声も出せませんでした。

 

顔面蒼白の海藤を見て、

設楽が急いで出ようと言い、

逃げるように設楽が

窓によじ登ったとき、

そっちの壁紙全部がフワッと

はがれました。

 

写真の裏から出てきたのと

同じ御札が、壁一面に

貼ってありました。

 

「何やこれ」

 

酒に弱い須藤は、

その場でウッと

反吐しそうになりました。

 

「やばいてやばいて」

 

「吐いてる場合か急げ」

 

よじのぼる設楽の

尻を私と菊地でぐいぐい

押し上げました。

 

何がなんだかわけが

わかりませんでした。

 

後ろではだれかが

「いーーー、いーーー」

と声を出しています。

 

きっと海藤です。

……祟られたのです。